人生にときめき、日々にときめく*

人生に“本質”というエッセンスを*

本当の「自由」とは「ココロが自由」なこと!

「自由になりたい」「自由でいいな〜」

 

誰もが生きていれば一度は思うことだと思います。

 

みなさんは、どんな人が自由だと思いますか?

 

・組織に所属していない人?

・独身の人?

・結婚しても、子どもがいても好きなことをしている人?

・働かないでも生きていける人?

・好きな時に働いている人?

・海外によく行く人?

 

でしょうか?

実はこれらは表面的な部分です。

本当に意味での「自由」ではありません。

 

 

本当の「自由」とは、

 

「心」が自由なこと

 

です。

 

 

 

それは、きれいなものを見たり、美味しいものを食べた時に素直に感情を感じられたり、自分自身に対して正直であったりする人です。

 

こう言ったらこう思われるかもしれない、これをしたらこう見られるかもしれない、といった第三者のフィルターがかかっていないのです。

 

常に、誰かの意見や評価を軸とするのではなく、自分の目で見たことや感じたことを真実として正直でいる人。

 

心が自由な人は、相手の自由も受け入れる器があります。

だから、心が自由な人といると一緒にいる人も自然体でいることができるのです。

 

そういう人の放つエネルギーに引き寄せられて、良い縁や出来事が舞い込んできます。

 

 

心が自由な人は

 

相手の在り方を良い悪いで決めつけたり、一方的なジャッジメント

 

がありません。

 

ただ、きちんと自分の意見や思いは伝えます。

それもTPOに応じての判断もできる。その場で必要があれば伝えるし、必要がなければ伝えない。

 

なぜなら、自由と責任はセットであるからです。

自分の放った行動や言動は、ブーメランのように自分に返ってくることを分かっているのです。

 

何が言いたいのかというと、

肩書きや環境が自由でも、「心が自由な人」は多くないように感じます。

 

ということは、組織に勤めているから自由じゃない、好きなことを仕事にしていないから自由じゃない、というのはまったくのお門違いの話だということです。

 

目に見えるもの、置かれている環境で自由不自由は判断することができないのです。

そういう表面的なことで判断している、自分の心が何に囚われているのか見ていくことが必要です。

 

それよりも、目の前にいる人にどのように接しているか接していきたいのか、日々の一つ一つをどのように感じながら過ごしていきたいのか、を見直す方が大切なのです。

 

ということは、誰でも心の在り方で「自由」になれる、ということ。

 

実は、もうすでに「自由」だった。

ということに気づいた時、みえる世界が変わります。

 

好きな方を選んで、好きなように働いて、好きなファッションに身を包んで、好きなことに夢中になればいいのです。

 

心が自由な人は、軽やかで最高に魅力的!♡

 

f:id:yuikomaru291117:20180827235052j:image

 

では、また♪

 

 

 

 

◇募集中のメニュー

yuikomaru291117.hatenablog.com

 

 

yuikomaru291117.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

ずっと書きたかった内容が、やっと書けてとても満足です♡笑

では、また♪